ヴァイオリン成長記録←うそ、成長してないかも(汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雑談で・・・



ヴァイオリン、やめると思われてたんだって☆

言われた私がビックリなんですけど
聞けば、私がヴァイオリン始めた理由は


息子に興味を持たせるため


だったのです。
当初はね。
習わせて3ヶ月で、先生が怖くて挫折してしまった息子。。。
とりあえず、私がやってみて
私が楽しそうに弾いているのをみれば
ヴァイオリンに興味もってくれて「やりたい」と言ってくれないかなって思ったのです。
だからレッスンに連れて行ってたのですね。

でも、当初の趣旨はどんどん変わり
いつの間にか
正確に言うと2008年の2月くらいからは
自分がははまってしまい、息子は既にどうでもよく(笑)
自分がうまくなりたいと思ってしまったんです。
だから息子を置いてレッスンに行くことが多くなり←チョロチョロ邪魔で
いつの間にか私しか行かなくなったのですね(笑)
だから先生

 結局、○○○君に興味を持たせることは出来なかったなぁ。
 目的を果たすことが出来なくて申し訳なかったなぁ。
 そろそろやめちゃうだろうなぁ。


と思ってたんだって!


何故!?


だって、ぷりんちゃん買う相談したりレッスン増やして欲しいと頼んだりしてたのに(苦笑)

この人続けるんだ


と、ぷりんちゃん買ったときに焦ったそうだ(爆)
買ったのは7月で、実際レッスンを増やしたのは8月からなんたけど
先生が私がやめそうだと思ったのは6月らしい。。。



変な先生だ(笑)



短いお付き合いだと思っていたらしいけど
既に私、先生に寄生してますので
先生がヴァイオリンを教える先生を辞めない限り
そして私がイヤにならない限りやめないから
長いお付き合いになりますよ、ぐふふ

でも

ヴァイオリンを好きになった理由
もっとうまくなりたいと思った理由
一生の趣味として続けていきたいと思った理由

それを作ってくれたのは、紛れもなく先生でした。
だからとっても感謝してます。
息子にもね!
息子がいなかったら、きっとヴァイオリンとは一生無縁の生活だったと思うから。
今は離れられないくらい大好きなぷりんちゃん
一生物として買ったぷりんちゃん。
いつか弾きたいと思える曲を弾けるまでは、先生の元で生徒をしていたいです

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。