ヴァイオリン成長記録←うそ、成長してないかも(汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

始めての教本レッスン♪

9ヶ月目にして、始めて教本を使ったレッスンしました。
篠崎だと、進みが遅くなるという事で

「新しいバイオリン教本1」

を先生が選んでくれました
で、実は今まで本当に適当にしてきたんだけど
教本にそって、立ち方、ヴァイオリンの持ち方、弓の持ち方から。。。


ぎゃぼっ


ヴァイオリンの持ち方がイマイチだそうで。
よく今まで弾けてたなぁ、ははは。。。ははは。。。ははは
で、9ヶ月目にして始めて分かったこと。


「このヴァイオリン、あご当て高いよ


って、えぇーーー!!!


先生のヴァイオリン、貸してもらいました。


違っ!!!


実は、ずっと前に先生が「弾いてみる?」と貸してくれたことがあったけど


250万円のヴァイオリン


怖くて触れなくて断ったのでした。
でも、今日は借りてみました。
持つだけだから。。。と思って。



うわ~ん。
あの時に貸してもらったら、違ってたかも
1cmくらい高いって。
言われて、先生の触って、今までこんなもんだと思ってたヴァイオリン。



ひ・き・に・く・い・も・の・だ・っ・た・の・ね



と、衝撃的な事実発覚。
あご当て、買い替え決定。
というか・・・・・本体ごと買い換えたい衝動にかられてます


おっと、元に戻ってレッスンレッスン。
D線の開放弦。
ひたすらボーイング。


難しいのぉ~
今までなんとなく、曲ばかり弾いてきたから。。。

「ごめんね、基礎はつまらないと思う」

と言われたけど、つまらないどころか出来ません。。。
はい、ここからスタートで・・・
どうしていままで曲が弾けてたか、自分でも不思議です、はい

とにかく
・真っ直ぐ全弦を使って弾く
・ダウンはいいからアップのときの手首を気をつけて
・角度は真っ直ぐ、他の弦は鳴らさない!!!
をひたすらやる予定。
D線開放弦、1~5番が来週までの課題というこで終了です。





これが教本通りのレッスンなのね




と、微妙に感動
で、残りは今までやってた曲も平行して。
「コンドルは飛んでいく」三回目。
曲に表情をつけるために、この間より細かくチェックが入るわけです。
ただ、、、

「ダイナミックに何で弾かなくなったの?前の方がよかったのに」

と、指摘されたのです。
うーん。。。理由があって今みたいになったんですよ。。。

・移弦のときにどうしても他の弦を鳴らしてしまう
・ダイナミックにすると弓がぶれる、だから音がかすれる

それが気になって慎重にやった結果、今の音になったのです。
前の方がいいって言われてショック。
でも、ボーイングがきちんとできればこれらは気にならなくなるばず!!!

てことで、基礎がどれだけ大切か分かった本日でした。


こっそり・・・教本全部見て弾いてみた。
うふ。弾ける。。。



教本1は大丈夫みたい

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。